商品を、より魅力的に見せる優れた「パッケージ」を総合的にデザイン。
佐々木 航 [2017年入社] 営業部・営業職
仕事について

当社は主に食品用のフィルム包材(パッケージ)の製造、販売を行っています。要望に沿った材質、形状、機能の包材設計や、デザイン会社を通してパッケージデザインの提案を行い、より使いやすく、安全で、魅力的な包材を作るのが当社の仕事です。レンジアップ商品の需要や環境問題等、食品パッケージ業界へのニーズはめまぐるしく移り変わりますが、そういった世の中の変化にも対応した包材の設計に積極的に取り組んでいます。

私は営業部に所属しています。役割としてはまず、お客様に訪問して機能やデザインの要望を聞き取り、その情報を元に品質保証部やデザイン会社等と相談しながら包材設計を行います。また、いただいた発注について、お客様と工場の間に入って納期等の調整を行うのも営業の役割です。社内外含め多くの部署、会社の方々と連絡を取り合い仕事を進めています。

営業職のやりがいについて

お客様と何度も打ち合わせを行いながら包材設計を行い、形になったパッケージが売り場に並んでいるのを見た時に達成感を感じます。また、普段手にするパッケージについても利便性、デザイン性等これまで見てこなかった視点から見るようになり、新しい形状・機能のパッケージを発見した時には感動を覚えることもあります。

営業職としてはやはりお客様に頼っていただいたり、困り事を解決して喜んでいただいたりすることが一番のやりがいとなるので、これから更に包材や食品についての知識を深めていき、様々な要望に応えられる人材として成長していきたいです。

ごまかさずに正々堂々と仕事に取り組むこと
春日 琴葉 [2018年入社] 品質保証課・技術職
仕事について

品質保証課の仕事は主に不具合対応と生産現場改善です。不具合対応では、生産工程のどこで不具合が発生したかを特定し、原因に対して有効な対策を考えます。また生産現場改善は、そもそも不具合が発生しないようにリスクとなる作業を洗い出し、未然に不具合を防ぐ活動です。

生産現場で作業しやすいように工程を改善し、作業者の負担を減らすことはもちろん、不具合を防ぎ品質を保つことで、お客様からの信頼を得ることができ、会社に貢献できます。

技術職のやりがいについて

不具合の原因を考える時には、考えられる要因をすべて挙げて真の原因を突きとめます。この時に想定要因の洗い出しが甘いと原因を突き止められず、結果、対策を打つことができません。先輩方に相談すると自分の考え付かなかったようなアドバイスをしてくださるので、数年後は私もこんな風に考えられるようになりたいといった意識を持てます。

たくさん勉強することがあり、知識同士がつながると新たな発見がある。学びながら仕事ができることにやりがいを感じます。

見えてくるまで考える
高倉 友喜 [2018年入社] 品質保証課・技術職
仕事について

現在は検査機の最適な感度設定を選定するために日々不良として挙がる製品を調査し、検査機の設定に反映させる仕事をしています。

当社の製造機やお客様の製造機でのトラブルで発生したフィルムや袋の不具合の原因調査や、工場内の作業者に衛生面の大切さを周知する勉強会の実施など多岐にわたります。

生産技術職のやりがいについて

工場の不具合やお客様の悩みを解決した時にやりがいを感じます。

不具合が起きてる時は現品以外の情報は少ないですが、不具合の形状や周期性の有無、当日の作業状況から考えられることを挙げて対策を考えます。そうして考えられる不具合についての対策がうまくいったときには自分の知見にもなりますし、周囲に貢献できたと感じることが多いです。

情報を有効活用し、不具合の真因解決に向けて尽力する